川口会計事務所の会計決算

税理士事務所に決算を依頼するメリット

税理士事務所に決算を依頼するメリットは大きく分けて2つあります。それはコストパフォーマンスの削減という観点と手間が省けるという観点からです。

1つ目のコストパフォーマンスの削減は自社で税理士と月次顧問契約するよりも安く済むということです。通常、税理士と月次顧問契約するとなると決算料に加えて月次顧問契約料が必要になるので固定費用が大幅にかかってしまいます。

大企業であれば毎月会計事務所に顧問料を支払っても資金繰りに影響はありませんが、中小企業や個人事業主にとっては、毎月税理士に顧問料を支払うのは結構な負担になります。

ましてや開業したばかりでまだ売り上げの少ない企業はなおさらです。しかし、税理士と顧問契約をせず、税理士事務所に決算だけ依頼することで毎月の固定費を削減することができるので、資金繰りの改善に繋がります。

中小企業にとってはこのコストパフォーマンスの削減というのが決算を税理士事務所に依頼する最大の狙いでもあります。

最近では中小企業や個人事業主でも昔とは違い、経理の仕事はある程度自社でできる会社も多くなってきました。情報化社会の発達により、安くて優れた会計ソフトが多く誕生したためです。

経理の仕事は一見難しいようにも思えますが会計ソフトには一からやり方を説明してくれるものも多く存在し、素人やアルバイトでも少し教えるだけでできるような時代になってきています。

とはいっても法人税や消費税の申告書作成だけのために税理士と月次顧問契約を結ぶのは効率が悪く、コストパフォーマンスは悪く感じてしまいます。決算だけ依頼するならば税理士事務所にその時だけ依頼してやってもらうのがベストということになります。

もちろん、これはあくまで経理の仕事の大半を自社で行うことができるという例です。そういうことが苦手でなかなか難しいという企業に関しては税理士と月次顧問契約を結んで定期的に会計ソフトへの入力から依頼するのがベストの選択になります。

税理士に記帳代行からすべてやってもらうことができ、経理について知識がない人にとっては安心できます。また、分からないことなどを税理士に質問して適切なアドバイスを求めることもできるため、次回の経理の仕事を自分でやるための知識にもつながってきます。また、税理士に頼むことで失敗がなく、節税対策ができるというメリットもあります。

  • 申告期限まで残り一ケ月なのに何もしていない
  • なるべく費用を安く済ませたい
  • 経理のデータ入力からお願いしたい
  • 節税対策もしっかりやってほしい
  • 会計ソフトに入力をしたけれど申告書が作成できない