川口会計事務所の会計決算

副業の確定申告

最近はサラリーマンをしながら副業をしている人が増えているようですが、その際に気を付けなければいけないポイントがいくつかあります。

1.副業をしていたら確定申告を絶対にしないといけないか

給料以外の副業の所得が年間で20万円以下の場合には確定申告をする必要はありませんが、住民税については市区町村によって異なりますが申告をしなければいけない場合もあるので注意が必要です

2.副業の収入は事業所得と雑所得のどちらに該当するか

独立的に、営利性、有償性を有し、かつ、反復継続して営まれる業務であって、社会通念上事業と認められる場合には「事業所得」に該当し、そうでない場合には「雑所得」に該当するものとされています。

事業所得と雑所得の違いは色々ありますが、事業所得の場合には他の所得と損益通算が出来る、純損失の繰越控除がある、青色申告を選択できる点です。

3.確定申告をすると副業をしているのが会社にばれるか

副業の確定申告をすると住民税もその分増えて、結果として現在勤めている会社の経理担当者にばれる可能性がありますが、給与以外の所得について特別徴収ではなく、自分で納付する普通徴収に切り替えをする事により、会社にばれずに申告する事も可能です

  • 申告期限まで残り一ケ月なのに何もしていない
  • なるべく費用を安く済ませたい
  • 経理のデータ入力からお願いしたい
  • 節税対策もしっかりやってほしい
  • 会計ソフトに入力をしたけれど申告書が作成できない