川口会計事務所の会計決算

介護専門の税理士をお探しの方へ

介護事業を営んでいる場合の経理は、通常の会社と違って経理や税務申告の際に気を付けなければいけない点が多いことから、なるべくなら介護に特化している税理士に依頼する事をお勧めします

なぜ介護専門の税理士に依頼した方が良いかというと、下記のような独特の処理を求められるからです。

  • 法律で各事業所ごとに経理をするとともに、事業ごとに区分することを求められている
  • 介護事業の消費税は税理士でも知らない内容のものが多く、また複雑な内容のものもあるため、一般的な会計事務所では対応できない可能性がある
  • 介護事業の未収金は二か月遅れで入金されてくるが、このような仕組みを知らずに一か月分のみしか計上していない会計事務所も少なくない

特に区分経理をしていない場合には、実地指導において運営基準違反になる可能性があります(実際に弊社にご相談を頂いた方の中でも指導された方がいらっしゃいます)ので、必ず適切に処理をするようにしましょう。

介護事業者の方にお話しを聞くと、区分経理について、仕事が忙しい、経理が苦手、と言われる方もいらっしゃいますが、このように、ご自身で区分経理を出来ない場合には、会計事務所に依頼をすれば日頃から会計ソフトへ入力をする際に区分経理を意識して処理をしてくれますので、ご希望の方は、その旨を事前に伝えておいた方が良いと思います。(後から区分経理をするのは大変なため。)

なお、弊社では東京はもちろんのこと、遠方の介護事業者の方でも税理士が直接対応させて頂きますので、もし近所や知り合いに介護専門の税理士がいない方は、お気軽にご相談下さい。

  • 申告期限まで残り一ケ月なのに何もしていない
  • なるべく費用を安く済ませたい
  • 経理のデータ入力からお願いしたい
  • 節税対策もしっかりやってほしい
  • 会計ソフトに入力をしたけれど申告書が作成できない