川口会計事務所の会計決算

無申告をした場合の納税

無申告の状態を解消した場合、延滞税や加算税などのペナルティが多額にかかってしまい、結果として納税を1度にする事が出来ないケースがあります。

このような場合、税務署と交渉をすれば場合によっては分割払いを認められる事もありますが、この場合には事前に交渉をする必要が出てきます。

具体的に無申告の場合における納税の分割がどの程度なら税務署に了承してもらえるかと言うと、ケースバイケースですが、比較的少ない分割回数だと特に問題なく認められますが、逆に長期間の分割になると次の納税と重なってしまうため難しいようです。

ちなみに、無申告の場合における納税をしないでそのままにしておくと、預金口座や売掛金などの事業用資産が差押えされる可能性が高いので、必ず納めるようにした方が良いでしょう。

参考になりますが、弊社のお客様が税務署と分割払いに関して事前相談をする場合、極力税理士が同席して交渉するようにしております

このように税理士が同席する理由は、納税者だけで事前相談する場合よりも会社の状況を上手く説明できるので、比較的税務署に分割払いを了承してもらいやすい傾向があるからです。

ですから、無申告の納税でお困りの場合には、会計事務所の担当者に相談をして、税務署に同行してもらうのも良いかも知れません。(ご希望の場合には、弊社の税理士がお客様に同行する事も可能です。)

このように、無申告をすると納税面でもデメリット(延滞税や加算税が課される)があり、結果として納税する金額も高くなり、場合によっては資金繰りに悪影響を及ぼしますので、なるべく早めに税理士に申告書作成を依頼した方が良いでしょう。

  • 申告期限まで残り一ケ月なのに何もしていない
  • なるべく費用を安く済ませたい
  • 経理のデータ入力からお願いしたい
  • 節税対策もしっかりやってほしい
  • 会計ソフトに入力をしたけれど申告書が作成できない