川口会計事務所の会計決算

法人成り

平成18年に法律が改正されて資本金の規制がなくなったことから、これまで個人事業主だった人が法人成りをするパターンが多く、弊社にお問い合わせを頂く経営者も、このタイミングで顧問契約をご希望されるケースが多くなってきました。

ところで、法人成りをすると必ず節税ができると思い、安易に会社設立をされる方が多いようですが、必ずしも法人成りをすることがメリットになるとは限らないので、きちんと専門家に相談をしてからすることをお勧めします

法人成りのメリット

  • 毎月定額の役員報酬を受け取ることができる。(経費にできる
  • 資本金が1,000万円未満の場合には、2年間消費税が免除される
  • 過去の赤字を9年間繰り越すことができる。(個人事業主の場合は3年)
  • 減価償却費を任意に計上することができる。(個人事業主の場合には強制的に計上)
  • 退職金を計上することができる
  • 生命保険などを使って節税することができる。
  • 親族に働いた分だけ給料を支払うことができる。
  • 決算期を会社の都合に合わせて決めることができる。(個人事業主の場合には12月)

法人成りのデメリット

  • 赤字であっても最低7万円の税金が発生する
  • 会社を設立する際に登記費用などのお金がかかる
  • 個人事業主の場合と比べて事務負担が大きくなる。

また、法人成りをする際によく問題になるのが、個人事業主の時の預金、売掛金、買掛金などを法人に引き継ぐ際の税務リスクについてで、この引き継ぎがきちんと出来ていないと税務調査の際に問題になる可能性がありますので、法人成りを検討する際は精通している専門家に相談の上ですべきだと思います。

川口会計事務所では、これまで多くの個人事業主の法人成りをサポートした実績がありますので、ご相談をご希望の方は、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 申告期限まで残り一ケ月なのに何もしていない
  • なるべく費用を安く済ませたい
  • 経理のデータ入力からお願いしたい
  • 節税対策もしっかりやってほしい
  • 会計ソフトに入力をしたけれど申告書が作成できない